糖尿病教室、勉強会

「看護相談」について

1.私たちが考えた、その意義と背景について

糖尿病患者さんの血糖コントロール改善には、ライフスタイルに合わせた関わりが必要と考えます。私たちの経験では決して画一的な様式では十分でないように思われました。一定の時間を確保して、糖尿病と患者さんご自身の体質に関してさらに理解を深めて頂くことで、血糖コントロール改善に貢献したいと思い、「看護・栄養相談」を実施します。

2.目的は

糖尿病に関して理解を深め、患者さんご自身に合った生活の中でコントロール方法を見つけていただく

3. 対象の患者さんは

・  糖尿病と診断されたばかりで、糖尿病に関する知識が少ない初診の方

・  「なかなか血糖値が改善しないなあ…」と生活方法に不安や疑問をお持ちの方

4. 日時は

・  ご希望に合わせて実施:月、水、木

・  1日3〜4名を目安

5. 担当看護師・栄養士から

糖尿病と診断されて、「今後どのように生活したら良いのだろうか…」と不安を抱えている方はいらっしゃいませんか。また、なかなか血糖コントロールが改善せずに悩んでいる方も多いのではと思います。糖尿病の概要や合併症をはじめ、必要な情報をひとつひとつゆっくり説明し、患者さんご自身に合った療養方法を一緒に考えていきたいと思っております。ぜひご活用ください!

文責(看護師 大堀、山本、小川)