院長のプロフィール

院長・医学博士 和田誠基

趣味:テニス、ラグビー

中学2年生までは福岡県久留米市で過ごし、父(元陸上自衛官)の転勤で愛媛県宇和島市津島町に戻りました。小学生から柔道を習い、愛媛県代表(津島中学校)として全国大会に出場しました。防衛医大ではラグビー部でフランカー、フルバックを務めました(外傷多数)。それ以外に乗馬、ヨット、ウインドサーフィン、テニス、スキーなどシーズン・スポーツを愛好しました。テニスは狭山市のコナミスポーツ上級クラスで楽しんでいましたが、テニスエルボーのため現在休養中です。

福岡県久留米市高良内小学校

福岡県久留米市明星中学校

愛媛県宇和島市 津島中学校卒業

宇和島東高校 理数科卒業

防衛医科大学校(S61年卒)

陸上自衛隊医官(第12衛生隊:新町、朝霞駐屯地、防衛医大、衛生学校勤務)

メルボルン大学セントビンセント研究所留学

埼玉医科大学にて医学博士取得

埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科講師

城西国際大学 薬学部臨床医学講座教授(初代)

武蔵藤沢セントラルクリニック院長(2009年12月より現職)

医療社団法人尊和会理事長(2011年4月より現職)

埼玉医科大学客員教授(2012年4月より2022年3月まで)

資格

日本内科学会認定医

元日本内科学会認定総合内科専門医

日本内分泌学会認定専門医

元日本内分泌学会指導医

元日本医師会認定産業医

所属学会

日本内分泌学会(代議員)、日本糖尿病学会(2023年退会)

研究会

埼玉AGING研究会(代表世話人)

 

賞・グラント

H6年  アメリカ内分泌学会 New Investigator Award

H10年 ヒューマンサイエンス振興財団若手奨励研究

文部省若手奨励研究A

H11年 私学振興財団奨励研究

カシオ科学振興財団助成研究

文部省若手奨励研究A

H12年  私学振興財団奨励研究

腎性貧血研究会助成研究

ヒューマンサイエンス振興財団若手奨励研究

H13年  大和証券ヘルス財団奨励研究

腎性骨症研究会助成研究

臨床薬理財団助成研究

H14年  代謝性骨疾患研究会助成研究

骨粗鬆症財団助成研究

日本骨代謝学会優秀ポスター賞

H15年  腎性貧血研究会助成研究

腎性骨症研究会助成研究

H16年  腎性貧血研究会助成研究

腎性骨症研究会助成研究

H17年  腎性貧血研究会助成研究

代謝性骨疾患研究会助成研究

H18年  文部科学省基盤研究主任研究者

 

診療実績

糖尿病、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病)、下垂体疾患、代謝性骨疾患、副甲状腺機能異常、副腎腫瘍など

 


医学書
ビスホスホネートを使いこなす

実践活用ガイドブック
和田誠基・鈴木敦詞 編集
文光堂
2011年07月
ISBN:978-4-8306-0330-3
定価:3,675円(税込)

骨粗鬆症治療の第一選択薬となっているビスホスホネート製剤、臨床医,研修医,臨床情報を学びたい薬剤師向けの書籍