院長学術業績一覧

すべての業績が反映出来ている訳ではありません。詳細はpubmed(英語)およびJ-GLOBAL(日本語) http://jglobal.jst.go.jp/にて検索してください。

 主要な学術業績

学術論文(英文誌)

 

1.  Yasutomo Y, Kugai N, Nagata N, Akatsu T, Wada S, Kinoshita T, Kosano H, Takatani O. Inhibition of renal membrane adenylate cyclase by extract of pancreatic cancer associated with humoral hypercalcemia of malignancy. Bone and Miner, 9: 111-120, 1991

2.  Wada S, Yasutomo Y, Kosano H, Kugai N, Nagata N. The effect of PGF2alpha on parathyroid hormone-stimulated cyclic AMP production in mouse osteoblastic cell, MC3T3E1. Biochem Biophys Acta, 1074: 182-188, 1991

3.  Yasutomo Y, Suda T, Wada S, Kosano H, Takishima K, Mamiya G, Kugai N, Nagata N. Purification and partial sequencing of inhibitory factor on renal membrane adenylate cyclase in pancreatic cancer extract: identity with histones H1B and H1D. Biochem Biophys Res Commun, 176: 255-261, 1991

4.  Wada S, Nagase T, Koike Y, Kugai N, Nagata N. A case of anorexia nervosa with acute renal failure induced by rhabdomyolysis; possible involvement of hypophosphatemia or phosphate depletion. Inter Med, 31: 478-482, 1992

5.  Wada S, Kitamura H, Matsuura, Katayama Y, Ohkawa H, Kugai N, Motoyoshi K, Fuse Y, Nagata N. Parathyroid hormone-related protein as a cause of hypercalcemia in a B-cell type malignant lymphoma. Inter Med, 31: 968-972, 1992

6.  Murakami T, Wada S, Katayama Y, Nemoto Y, Kugai N, Nagata N. Thyriod dysfunction in isolated adrenocorticotropic hormone (ACTH) deficiency: case report and literature review. Endocrine J, 40: 473-478, 1993

7.  Wada S, Katayama Y, Yasutomo Y, Kugai N, Nagata N. Changes of bone metabolic markers in patients with bone metastases: clinical significance in assessing bone response to chemotherapy. Inter Med, 32: 611-618, 1993

8.  Wada S, Akatsu T, Tamura T, Takahashi N, Suda T, Nagata N. Glucocorticoid regulation of calcitonin receptor in mouse osteoclast-like multinucleated cells. J Bone Miner Res, 9: 1705-1712, 1994

9.  Katayama Y, Kado S, Wada S, Nemoto Y, Kugai N, Furuya K, Nagata N. A case of 17alpha-hydroxylase deficiency with retained menstruation. Endocrine J, 41: 213-218, 1994

10. Seki K, Wada S, Nagata N, Nagata I. Parathyroid hormone-related protein during pregnancy and the perinatal period. Gynecol Obstet Invest, 37: 83-86, 1994

11.  Wada S, Martin TJ, Findlay DM. Homologous Regulation of the calcitonin receptor in mouse osteoclast-like cells and human breast cancer T47D cells. Endocrinology, 136: 2611-2621, 1995

12.  Inoue H, Kikuchi Y, Hirata J, Wada S, Seki K, Nagata I. Dysgerminoma of the ovary with hypercalcemia associated with elevated parathyroid hormone-related protein. Jpn J Clin Oncol, 25: 113-117, 1995

13.  Nagase T, Wada S, Nakamura R, Morisako T, Kamakura K, Kugai N, Yamamoto M, Tsuchiya K, Nagata N. Magnetic resonance imaging of multiple brain abcess of the bilateral basal ganglia. Inter Med, 34: 554-558, 1995

14.  Udagawa N, Takahashi N, Katagiri T, Tamura T, Wada S, Findlay DM, Martin TJ, Hirota H, Taga T, Kishimoto T, Suda T. Interleukin-6 induction of osteoclast differentiation depends upon IL-6 receptors expressed on osteoblastic cell but not on osteoclast progenitors. J Exp Med, 182: 1461-1468, 1995

15.  Udagawa N, Chan J, Wada S, Findlay DM, Hamilton J, Martin TJ. c-Fos antisense DNA inhibits progenitors in osteoclast development but not macrophage differentiation in vitro. Bone, 18: 511-516, 1995

16.  Udagawa N, Takahashi N, Katagiri T, Tamura T, Wada S, Findlay DM, Martin TJ, Hirota H, Taga T, Kishimoto T, Suda T. Interleukin-6 induction of osteoclast differentiation depends upon IL-6 receptors expressed on osteoblastic cell but not on osteoclast progenitors. J Exp Med, 182: 1461-1468, 1995

17.  Wada S. Physiological level of calcitonin downregulates the mouse osteoclast calcitonin receptor expression via protein kinase A-mediated pathway and attenuates the inhibitory action of calcitonin on bone resorption. International Bone Forum, 32-35, 1995

18.  Wada S, Udagawa N, Nagata N, Martin TJ, Findlay DM. Physiological levels of calcitonin regulate the mouse osteoclast calcitonin receptor by a protein kinase A-mediated mechanism. Endocrinology, 137: 312-320, 1996

19.  Wada S, Udagawa N, Nagata N, Martin TJ, Findlay DM. Calcitonin receptor down-regulation relates to calcitonin resistance in mature mouse osteoclasts. Endocrinology, 137: 1042-1048, 1996

20.  Kado S, Aoki A, Wada S, Katayama Y, Kugai N, Yoshizawa N, Nagata N. Urinary type IV collagen as a marker for early diabetic nephropathy. Diabetes Res Clin Prac, 31: 103-108, 1996

21.  Wada S, Udagawa N, Akatsu T, Nagata N, Martin TJ, Findlay DM. Regulation by calcitonin and glucocorticoids of calcitonin receptor gene expression in mouse osteoclasts. Endocrinology, 138: 521-529, 1997

22.  Ono K, Akatsu T, Murakami T, Wada S, Nishikawa M, Kugai N, Yamamoto M, Matsuura N, Nagata N. Mouse mammary carcinoma cell line (BALB/c-MC) stimulates osteoclast formation from mouse bone marrow cells through cell-to-cell contact. Bone, 23: 27-32, 1998

23. Akatsu T, Ono K, Murakami T, Katayama Y, Nishikawa M, Wada S, Yamamoto M, Kugai N, Matsuura N, Takada Y, Nagata N. Chinese hamster ovary cells expressing a4b1 integrin stimulate osteoclast formation in vitro. J Bone Miner Res, 13: 1251-1259, 1998

24.  Iitaka M, Miura S, Yamanaka K, Kawasaki S, Kitahama S, Kawakami Y, Kakinuma S, Oosuga I, Wada S, Katayama S. Increased serum vascular endothelial growth factor levels and intrathyroidal vascular area in patients with Graves’ disease and Hashimoto’s thyroiditis. J Clin Endocrinol Metab, 83: 3908-3912, 1998

25.  Wada S, Kurihara S, Imamaki I, Yokota K, Kitahama S, Yamanaka K, Itabashi A, Iitaka M, Katayama S. Hypercalcemia accompanied by hypothalamic hypopituitarism, central diabetes inspidus and hyperthyroidism. Inter Med, 38: 486-490, 1999

26.  Wada S, Minagawa A, Imamaki K, Suda S, Yamanaka K, Iitaka M, Katayama S. A patient of hypogonadotropic hypogonadism accompanied by growth hormone deficiency and decreased bone mineral density who attained normal growth. Inter Med, 39: 641-645, 2000

27.  Samura A, Wada S, Suda S, Iitaka M, Katayama S. Calcitonin receptor regulation in human osteoclast-like cells prepared in vitro by osteoclast-differentiating factor and macrophage-colony stimulating factor. Endocrinology, 141: 3774-3782, 2000

28.  Wada S, Watanabe M, Tsukada T, Yamaguchi K, Imamaki I, Kitahama S, Suda S, Iitaka M, Katayama S. A novel germline mutation 1001delC of multiple endocrine neoplasia type 1 (MEN I) gene in a Japanese family. Inter Med, 40: 499-505, 2001

29.  Wada S, Yasuda S, Nagai T, Maeda T, Kitahama S, Suda S, Findlay DM, Iitaka M, Katayama S. Regulation of calcitonin receptor by glucocorticoid in human osteoclast-like cells prepared in vitro by osteoclast-differentiating factor and macrophage-colony stimulating factor. Endocrinology, 142: 1471-1478, 2001

30.  Iitaka M, Kakinuma S, Fujimaki S, Oosuga I, Fujita T, Yamanaka K, Wada S, Katayama S. Induction of apoptosis and necrosis by zinc in human thyroid cancer cell lines. J Endocrinol, 169: 417-424, 2001

31.   Minagawa A, Iitaka M, Suzuki M, Yasuda S, Kameyama K, Shimada S, Kitahama S, Wada S, Katayama S. A case of primary mucoepidermoid carcinoma of the thyroid: molecular evidence of its origin. Clin Endocrinol, 57: 551-556, 2002

32. Wada S, Kitahama S, Togashi A, Inoue K, Iitaka M, Katayama S. Preclinical Cushing’s syndrome due to ACTH-independent bilateral macronodular adrenocortical hyperplasia with excessive secretion of 18-hydroxydeoxycorticosterone and corticosterone. Inter Med, 4: 304-308, 2002

33. Yasuda S, Wada S, Arao Y, Kogawa M, Kayama F, Katayama S. Interaction between 3′ untranslated region of calcitonin receptor messenger ribonucleic acid (RNA) and adenylate/uridylate (AU)-rich element binding proteins (AU-rich RNA-binding factor 1 and Hu antigen R). Endocrinology, 2004

34. Matsumoto M, Kogawa M, Wada S, Takayanagi H, Tsujimoto M, Katayama S, Hisatake K, Nogi Y. Essential role of p38 MAP kinase in cathepsin K gene expression during osteoclastogenesis through association of NFATc1 and PU.1. J Biol Chem. 279: 45969-79, 2004

35.   Arao Y, Kikuchi A, Kishida M, Yonekura M, Inoue A, Yasuda S, Wada S, Ikeda K, Kayama F. Stability of A+U-Rich Element Binding Factor 1 (AUF1)-Binding Messenger Ribonucleic Acid Correlates with the Subcellular Relocalization of AUF1 in the Rat Uterus upon Estrogen Treatment. Mol Endocrinol 18: 2255-2267, 2004

36.   Kamiya S, Kawaguchi T, Hasebe S, Kamiya N, Saito Y, Miura S, Wada S, Yajima H, Katayama T, Fukai F. A fibronectin fragment induces tumor necrosis factor production of rat basophilic leukemia cells. Biochim Biophys Acta. 1675:87-94, 2004

37.   Ono K, Kamiya S, Akatsu T, Nakamura C, Li M, Amizuka N, Matsumoto K, Nakamura T, Kugai N, Wada S. Involvement of hepatocyte growth factor in the development of bone metastasis of a mouse mammary cancer cell line, BALB/c-MC. Bone. 39:27-34, 2006.

38.   Miura S, Kamiya S, Saito Y, Wada S, Hayashi R, Taira J, Kodama H, Yajima H, Ueki M, Fukai F. Antiadhesive sites present in the fibronectin type III-like repeats of human plasma fibronectin. Biol Pharm Bull 30: 891-7, 2007.

39.   Kamiya S, Nakamura C, Fukawa T, Ono K, Ohwaki T, Yoshimoto T, Wada S. Effects of IL-23 and IL-27 on osteoblasts and osteoclasts: inhibitory effects on osteoclast differentiation. J Bone Miner Metab 25: 277-85, 2007.

40.   Yu D, Nagamura Y, Shimazu S, Naito J, Kaji H, Wada S, Honda M, Xue L, Tsukada T. Caspase 8 and menin expressions are not correlated in human parathyroid tumors. Endocr J. 57: 825-32 2010

41.   Kamiya S, Okumura M, Chiba Y, Fukawa T, Nakamura C, Mizuguchi J, Wada S, Yoshimoto T. IL-27 suppresses RANKL expression in CD4+ T cells in part through STAT3. Immunol Lett. 138: 47-53, 2011.

42. Yasuda S, Wada S, Kono S, MIyajima T, Oda H, Katayama S, Awata T. Tumor-induced osteomalacia; benign tumor recurrence after two surgical resections at two different medical institutions. Endocr Pract 19: 1-20, 2013

43. Kogawa M, Hisatake K, Atkins GJ, Findlay DM, Enoki Y, Sato T, Gray PC, Kanesaki-Yatsuka Y, Anderson PH, Wada S, Kato N, Fukuda A, Katayama S, Tsujimoto  M, Yoda T, Suda T, Okazaki Y, Matsumoto M. The paired-box homeodomain transcription factor Pax6 binds to the upstream region of the TRAP gene promoter and suppresses receptor activator of NF-κB ligand (RANKL)-induced osteoclast differentiation. J Biol Chem. 25;288(43):31299-312 2013.

 

 

 

著書

 

 

伊木雅之・・・・和田誠基 折茂肇委員長 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会編集:骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版 東京 ライフサイエンス出版 2011

和田誠基, 鈴木敦詞 ビスホスホネートを使いこなす : 実践活用ガイドブック 東京 文光堂 2011

和田誠基 【広範囲 血液・尿化学検査免疫学的検査[第7版] その数値をどう読むか】 生化学的検査 電解質・鉱質関係 カルシウム、無機リン 日本臨床 増刊1 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査(2) 279-283, 2011

甲川昌和,和田誠基EBM講座(第30回) 薬剤と骨代謝疾患 抗痙攣薬 骨粗鬆症治療 9167-171, 2010

大内尉義, 井上大輔,和田誠基, 田中栄 【骨粗鬆症 最新の実地診療におけるリスクアセスメントと治療】 骨粗鬆症診療の今後の展開 Medical Practice 923-940, 2010

溝口優, 富澤崇, 桑原洋平, 山之内崇紘, 倭文啓恵,和田誠基, 定本清美 ビスホスホネート週1回服用製剤のパッケージにおける有用性の評価および比較 医療薬学188-193, 2010

甲川昌和,和田誠基【骨粗鬆症に対する薬物治療の新展開】 カテプシンK阻害薬 :整形・災害外科1369-1374, 2009

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【ビタミンKと骨粗鬆症】 低カルボキシル化オステオカルシン測定の実際と意義 骨粗鬆症治療212-216, 2009

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【骨代謝マーカーの新しい応用】 臨床で使われている骨代謝マーカー Clinical Calcium :1075-1082, 2009

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩【骨粗鬆症診療の進歩 骨折の予防と克服をめざして】 骨粗鬆症はどのように予防、治療するのか? 薬物療法各論 ビタミンD製剤、ビタミンK製剤 内科489-493, 2009

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【骨粗鬆症診療ガイド これからは「生活習慣病」と「骨折リスク」という視点が大切!】 EBMとしての骨粗鬆症治療とその未来 治療薬としてのビタミンK2製剤の役割 治療1963-1967, 2009

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩【骨粗鬆症】 骨粗鬆症とは 調剤と情報602-606, 2009

甲川昌和, 和田誠基 ステロイド骨粗鬆症に対するteriparatideによる治療 リウマチ科311-316, 2009

和田誠基 骨の基礎と臨床をめぐる最近の話題 現在開発中の骨粗鬆症治療薬 医薬ジャーナル 118-119, 2008

和田誠基 内科医が診る骨粗鬆症 糖尿病に伴う骨代謝異常 Osteoporosis Japan 657-660, 2008

小澤実香, 富澤崇, 鈴木直人, 高松昭司, 長谷川哲也, 酒井健介, 神谷貞浩, 扶川武志, 和田誠基, 太田篤胤, 中島新一郎, 富岡佳久 :薬学教育6年制とこれからの展望 段階的なロールプレイ学習法を活用した医療薬学系実習 医薬ジャーナル 2563-2568, 2008

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【骨粗鬆症治療とEBM】 国内未導入薬のエビデンスと今後の可能性 Clinical Calcium  1483-1492, 2008

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)の新しい展開 内分泌・糖尿病科 170-176, 2008

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【骨粗鬆症治療の新しい展開 高齢者を中心に】 骨粗鬆症に関する話題の薬物療法 Geriatric Medicine 887-889, 2008

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【内科医のための骨粗鬆症】 薬理学の立場から見た骨粗鬆症の薬物療法 Mebio 89-95, 2008

和田誠基, 星恵子, 倉田なおみ, 後藤惠子 関節リウマチ患者さんのストレスと服薬支援 薬局

2783-2788, 2008

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【骨折予防を見据えた骨粗鬆症診療の現状】 骨粗鬆症治療薬開発の動向Pharma Medica 61-64, 2008

和田誠基, 星恵子, 倉田なおみ, 後藤恵子 関節リウマチの早期発見と治療のサポート 薬局 2622-2626, 2008

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 新たな見地から読み解くビタミンD ビタミン?それともホルモン?!】 ビタミンD製剤の正しい使い方とそのエビデンス 骨粗鬆症 薬局 :2507-2511, 2008

和田誠基, 神谷貞浩, 扶川武志 【骨粗鬆症治療の最近の話題】 骨粗鬆症治療を継続するために Progress in Medicine 957-960, 2008

和田誠基, 神谷貞浩, 扶川武志 【メタボリックシンドロームと骨】 糖尿病における骨質の変化 Clinical Calcium 600-605, 2008

和田誠基, 扶川武史, 神谷貞浩 【内科医が診る骨粗鬆症 防げる骨折を防ぐための骨粗鬆症診療】 続発性骨粗鬆症を考慮すべき病態 この疾患をみたら骨粗鬆症を考える Medicina 434-437, 2008

和田誠基 【ビタミンKの今日的意義と役割】 臨床編 糖尿病性骨症 Pharma Medica 66-71, 2007

和田誠基 骨の基礎と臨床をめぐる最近の話題 骨粗鬆症診療ガイドラインの活用法 医薬ジャーナル 2930-2931 2007

富澤崇,和田誠基 骨粗鬆症の薬物療法を読み解く】 長時間作用型ビスホスホネート製剤のDIを読み解く 週1回製剤の医薬品包装上の特徴 ブリスターパッケージ製剤の有用性と有効性の検討 薬局3284-3288, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【骨粗鬆症の薬物療法を読み解く】 骨粗鬆症治療のガイドラインは、どのように変更されたのか 薬局3217-3220, 2007

和田誠基, 岩崎愼一, 高橋寛, 佐藤淳也 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 薬剤師の将来を見据えた実務実習の構想 薬局 290-297. 2007

和田誠基, 岩崎愼一, 高橋寛, 佐藤淳也 トリニティカンファレンス 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 薬学教育と臨床の架け橋となる実務実習を目指す 薬局 120-125, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【骨粗鬆症診療のグローバル・スタンダード】 治療のグローバル・スタンダード ビタミンK2製剤 ホルモンと臨床 1019-1022, 2007

和田誠基, 大石修司, 寺町真理, 黒木宏隆 トリニティカンファレンス 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 適切な吸入管理・指導を身につける 薬局 2790-2796, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【骨粗鬆症の最新情報】 骨粗鬆症の新しい診療ガイドライン 診断と治療のすすめかた クリニカ 324-327, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【新時代の骨粗鬆症学 骨折予防を見据えて】 開発・研究中の新しい骨粗鬆症治療薬の概要 RANKL/RANKシステムmodulator 抗RANKL抗体 日本臨床 増刊9 新時代の骨粗鬆症学459-462, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩【新時代の骨粗鬆症学 骨折予防を見据えて】 開発・研究中の新しい骨粗鬆症治療薬の概要 新規ビスホスホネート製剤 ゾレドロネート日本臨床 増刊9 新時代の骨粗鬆症学421-425, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【ビタミンKと骨】 オステオカルシンと骨 Clinical Calcium 1673-1677, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩 【副甲状腺と骨】 副甲状腺ホルモンによる骨粗鬆症治療のエビデンスと展望 Clinical Calcium 1888-1894, 2007

安田重光,和田誠基【新しい骨疾患治療薬の骨粗鬆症治療への応用の可能性】 ストロンチウム製剤 骨粗鬆症治療 282-286, 2007

和田誠基, 大石修司, 寺町真理, 黒木宏隆 トリニティカンファレンス 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 より効果的な吸入指導を実践する 薬局 2980-2988, 2007

和田誠基, 木村文彦, 佐藤淳也, 合澤啓二 トリニティカンファレンス 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 外来がん化学療法における抗がん剤の適正使用 薬局 2980-2988, 2007

和田誠基, 木村文彦, 佐藤淳也, 合澤啓二 トリニティカンファレンス 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 外来がん化学療法における抗がん剤の適正使用 薬局 2296-2302, 2007

和田誠基【高齢者のQOL・ADLを考える 骨粗鬆症】 早期発見と他疾患の陰に潜む骨粗鬆症を見つけ出す 内科受診患者に潜む骨粗鬆症の発見 実験治療 69-72, 2007

和田誠基, 木村文彦, 佐藤淳也, 合澤啓二トリニティカンファレンス 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 がん化学療法の現状と取り組み 薬局 2143-2149, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩【骨関節疾患と分子マーカー】 オステオカルシンによる骨疾患評価の可能性 分子リウマチ 137-140, 2007

和田誠基, 神谷貞浩, 扶川武志 EBM講座 新しい骨粗鬆症治療薬の現状 骨粗鬆症治療 154-157, 2007

和田誠基, 神谷貞浩【骨粗鬆症-臨床と研究の最新動向】 骨粗鬆症臨床の現状と将来 骨粗鬆症の予防と治療 現在使用可能な骨粗鬆症治療薬 医学のあゆみ101-105, 2007

和田誠基, 扶川武志, 神谷貞浩【病気と薬の説明ガイド2007】 骨・関節疾患 薬物療法編 医薬品情報編 骨粗鬆症 薬局 1364-1377, 2007

和田誠基, 中澤一純, 佐藤秀哉, 富澤崇, 寺門哲トリニティカンファレンス 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 患者さんを中心にジェネリック医薬品使用を推進する薬局 278-284, 2007

和田誠基骨粗鬆症の併用療法とは ライフステージ、患者個々の病態から見た骨粗鬆症の併用療法 Osteoporosis Japan 58-60, 2007

和田誠基骨粗鬆症の併用療法とは Osteoporosis Japan 57, 2007

和田誠基, 中澤一純, 佐藤秀哉, 富澤崇トリニティカンファレンス 医療スタッフで医薬品適正使用を考える座談会 ジェネリック医薬品を適切に取り扱う薬局 92-98, 2007

和田誠基 最新用語解説 臨床 NNT(number needed to treat)骨粗鬆症治療 72-73, 2007

和田誠基 骨粗鬆症の予防 年代別(主に危険因子について) 高齢期における予防 ビタミンD. THE BONE 20:433-437, 2006

和田誠基 最新用語解説 臨床 Malignancy-associated hypercalcemia 骨粗鬆症治療5(3):252-253, 2006

安田重光,和田誠基 糖尿病と骨疾患 糖尿病骨症とビタミンK製剤 Clinical Calcium 16(8):1351-1357, 2006

和田誠基 糖尿病と骨疾患 糖尿病での骨代謝異常に対する薬物治療 Clinical Calcium 16(8):1297-1304, 2006

和田誠基,安田重光 分子腎臓病学 分子生物学的アプローチと分子病態生理学 基礎編 腎機能調節におけるホルモンおよびペプチドの分子生物学 生合成,代謝,作用 カルシトニン日本臨床 64(増刊2):238-241, 2006

和田誠基 骨関連生化学検査 測定方法とその意義,基準値について 骨・コラーゲン代謝関連物質 骨芽細胞 オステオカルシン(OC) Clinical Calcium 16(6):1017-1021, 2006

和田誠基 処方の教室 骨粗鬆症 Key wordレシピ 5(2):112-115, 2006

和田誠基 処方の教室 骨粗鬆症 住民健診の超音波法による骨密度検査で異常を指摘された閉経後女性 レシピ 5(2):116-117, 2006

和田誠基 処方の教室 骨粗鬆症 自己免疫性肝炎でプレドニゾロンの投与を受けている女性 レシピ 5(2):118-119, 2006

和田誠基 処方の教室 骨粗鬆症 処方の読み方・とらえ方 骨粗鬆症(病因,診断,治療) Rp.レシピ 5(2):121-143, 2006

和田誠基 骨粗鬆症治療の最前線 骨粗鬆症の治療 PTH  内分泌・糖尿病科 22(2):213-218, 2006

和田誠基 糖尿病と骨・カルシウム代謝異常 発症機序 インスリン欠乏 腎と骨代謝19(1):17-22, 2006

和田誠基 生活習慣病のすべて 主な生活習慣病の病態・看護・食事療法の実際 骨粗鬆症 骨粗鬆症とはどのような病気か  臨床看護 31:1963-1968, 2006

和田誠基 ステロイド性骨粗鬆症の治療戦略 ガイドラインとエビデンス ステロイド性骨粗鬆症におけるビタミンK製剤のエビデンス 骨粗鬆症治療 5(1):46-49, 2006

和田誠基 骨粗鬆症腫瘍内科 最新の診断と治療 骨粗鬆症の治療と予防 EBMに基づく骨粗鬆症の薬物療法 ビスフォスフォネート,SERM以外の薬物の活用Modern Physician 25:1381-1383, 2006

和田誠基 カルシウム研究 最近の進歩 骨粗鬆症の治療 骨粗鬆症治療薬開発の現状 Clinical Calcium 16(1):176-181, 2005

和田誠基,神谷貞浩,小野加津広 生活習慣病のすべて 主な生活習慣病の病態・看護・食事療法の実際 骨粗鬆症 骨粗鬆症とはどのような病気か 臨床看護 31(13):1963-1968, 2005

和田誠基,神谷貞浩,小野加津広 骨粗鬆症腫瘍内科 最新の診断と治療 骨粗鬆症の治療と予防 EBM に基づく骨粗鬆症の薬物療法ビスホスホネート,SERM 以外の薬物の活用 Modern Physician 25(11):1381-1383, 2005

和田誠基,神谷貞浩,小野加津広 臨床分子内分泌学 甲状腺・副甲状腺・骨内分泌代謝系 カルシトニン カルシトニン遺伝子関連ペプチド カルシトニン遺伝子関連ペプチドの生理作用 日本臨床 63(増刊10):260-262, 2005

安田重光,小野加津広,和田誠基 臨床分子内分泌学 甲状腺・副甲状腺・骨内分泌代謝系カルシトニン 薬理作用と生理作用 腎への作用 日本臨床 63(増刊10):207-210, 2005

和田誠基,神谷貞浩,小野加津広 ステロイド性骨粗鬆症の予防と治療 ステロイド性骨粗鬆症の治療 エビデンスに基づくステロイド性骨粗鬆症の治療 THE BONE 19(5):573-582, 2005

小野加津広,赤津拓彦,大湾一郎,金谷文則,神谷貞浩,久貝信夫,和田誠基 乳癌骨転移による続発性骨粗鬆症発症メカニズムの検討 骨移転局所の破骨細胞形成に対するCOX_2/PGE2およびPTHrP関与の解析 Osteoporosis Japan 13(2):419-421, 2005

和田誠基,神谷貞浩,小野加津広 骨粗鬆症と遺伝子 ビスホスホネート製剤の標的物質と作用機構 Clinical Calcium 15(5):819-824, 2005

北濱眞司,石井俊昭,和田誠基 骨粗鬆症の予防と管理 WHOテクニカルレポートをめぐって ビスホスホネートの投与法経口投与(連日投与,週1回)VS静注投与 Clinical Calcium 15(4):649-654, 2005

和田誠基,神谷貞浩,小野加津広 続発性骨粗鬆症 臨床の立場から 続発性骨粗鬆症 現状と問題点 骨粗鬆症治療 4(2):106-110, 2005

和田誠基 骨粗鬆症のEBM リセドロネートの骨折防止効果のEBM 医学のあゆみ 212(2):153-157, 2005

和田誠基 骨粗鬆症の診断と治療の性差 骨代謝マーカーと骨粗鬆症 性差と医療 1(3):317-322, 2004

和田誠基,安田重光,荒尾行知,甲川昌和,香山不二雄,片山茂裕 受容体mRNA安定性調節機構がカルシトニン感受性に及ぼす影響の検討 臨床薬理の進歩 25:132-137, 2004

安田重光,和田誠基,甲川昌和,皆川晃伸,鈴木美穂,川崎聡美,片山茂裕 バセドウ病でみられる骨量減少の可逆性と不可逆性に関する検討 Osteoporosis Japan 12(3):425-427, 2004

和田誠基,安田重光,甲川昌和,北濱眞司,片山茂裕 続発性骨粗鬆症としての観点からみた原発性副甲状腺機能亢進症治療基準の検討 Osteoporosis Japan 12(3):419-421, 2004

小野加津広,和田誠基 生理的石灰化と病的石灰化 ビスホスホネートによる石灰化の調節 Clinical Calcium 14(6):906-909, 2004

和田誠基 ビスホスホネート製剤の最新情報:骨粗鬆症治療のEBM ビスホスホネート長期投与と併用療法 Progress in Medicine 24(8):1936-1940, 2004

和田誠基 骨粗鬆症の診療    転ばぬ先の杖:治療 ビスホスホネート 診断と治療 92(6):971-976, 2004

和田誠基,小野加津広 続発性骨粗鬆症:疾患と骨粗鬆症 内分泌疾患 甲状腺機能亢進症 THE BONE 18:271-274, 2004

和田誠基 エビデンスに基づいた骨粗鬆症の臨床:骨粗鬆症治療のエビデンス カルシトニン ホルモンと臨床52:351-354, 2004

和田誠基,安田重光,甲川昌和 骨粗鬆症:病態生理 ビタミンDと骨粗鬆症 カレントテラピー22:224-229, 2004

北濱眞司,石井俊昭,和田誠基 骨粗鬆症学:二次性骨粗鬆症 甲状腺機能亢進症に伴う骨粗鬆症 日本臨床 62(増刊2):711-717, 2004

甲川昌和,和田誠基 ガイドラインから考える骨粗鬆症の薬物療法の実際:各種治療薬剤の特徴と役割 骨粗鬆症治療 3:31-36, 2004

和田誠基,安田重光,甲川昌和 最新医学 新しい診断と治療の ABC:カルシトニン 4:154-159, 2003

安田重光,甲川昌和,和田誠基 ステロイド治療に伴う骨粗鬆症 日本臨床 61: 280-286, 2003

和田誠基,安田重光 内分泌疾患診療マニュアル 主要症候から診断へのアプローチ 腰背部痛・骨折 日本医師会雑誌 特別号 127:146-147, 2002

甲川昌和,安田重光,和田誠基 続発性骨粗鬆症ー診断と治療の実際ー カルシトニン製剤 Progress in Medicine 22:1857-1859, 2002

折茂肇,太田博明,岸本英彰,・・・・和田誠基(骨粗鬆症の治療に関するガイドライン作成ワーキンググループ)骨粗鬆症の治療に関するガイドライン Osteoporosis Jpn 10: 637-709, 2002

大山健一, 和田誠基, 佐藤俊, 渡辺国博, 玉置智規, 山王なほ子, 片山茂裕, 長村義之, 寺本明 出産後尿崩症を呈し顕在化した成長ホルモン産生下垂体腺腫の1例 ホルモンと臨床 50巻臨増  16-20, 2002

北濱眞司, 和田誠基, 富樫厚仁, 井上清彰, 安田重光, 永井努, 飯高誠, 片山茂裕 18OH-DOCの高値を認めたAIMAHの一例 ACTH RELATED PEPTIDES12: 95-100, 2002

北濱眞司, 和田誠基, 野口雄一, 安田重光, 永井努, 鈴木美穂, 皆川晃伸, 須田覚, 飯高誠, 片山茂裕 緩解したと考えられたCushing病の一例 ACTH RELATED PEPTIDES12: 63-66, 2002

野口雄一, 和田誠基, 永井努, 安田重光, 北濱眞司, 飯高誠, 片山茂裕 ACTH単独欠損症の2例 ACTH RELATED PEPTIDES12: 123-128, 2002

和田誠基 骨量減少を認めるが自覚症状のない骨粗鬆症患者を積極的治療に向かわせる工夫 骨粗鬆症治療と服薬指導の実践 28-31, 2002

片山泰之、和田誠基 PTHとPTHrPの誘導体 カルシウムと骨 237-239、朝倉書店, 2002

安田重光, 和田誠基, 北濱眞司, 須田覚, 皆川晃伸, 鈴木美穂, 飯高誠, 片山茂裕 著明な身長低下を認めた成人発症低リン血症性骨軟化症の1例 Osteoporosis Japan 9: 550-552, 2001

盛田俊介, 安田重光, 和田誠基, 飯高誠, 片山茂裕 Graves病に合併した肺高血圧の1例 THE CIRCULATION FRONTIER5: 61-63, 2001

須田覚, 和田誠基, 太根伸能, 北濱慎司, 長村義之, 飯高誠, 片山茂裕 異所性ACTH産生腫瘍の3例 ACTH RELATED PEPTIDES11: 155-161, 2001

和田誠基  わたしの医師像ー21世紀の医師に求められるもの Clinician 48: 44-45. 2001

永井努, 和田誠基 イプリフラボン 医薬ジャーナル 37: 101-104, 2001

安田重光、和田誠基 糖尿病性骨粗鬆症における骨代謝マーカーの臨床応用 Clinical Calcium 11: 879-882, 2001

和田誠基 骨粗鬆症治療の食事療法指導について 治療 83: 79-81, 2001

和田誠基、安田重光、須田覚、北濱眞司、飯高誠、片山茂裕 骨粗鬆症発症メカニズムと治療薬の適応についてー新しいビスフォスフォネート製剤の有用性に関する考察ー埼玉県医学会雑誌 36: 136-139, 2001

和田誠基, 須田覚, 安田重光, 永井努 カルシトニンの作用機構と脱感作現象 腎と骨代謝 14: 191-199, 2001

和田誠基他 2001 悪性腫瘍の骨・カルシウム代謝異常を考えるー高カルシウム血症をいかに抑えるか メデイカル朝日 3 12-13

和田誠基 2001 ビタミンDの季節変動と骨粗鬆症 メデイカル朝日 3 32-33

和田誠基 2001 高カルシウム血症をいかに抑えるか メデイカル朝日 3 12-13

和田誠基 2001 副甲状腺機能低下症と活性型ビタミンD メデイカル朝日 5 74-76

和田誠基 2001 骨軟化症 メデイカル朝日 6 70-73

須田覚、佐村敦義、和田誠基 カルシトニン ホルモンと臨床 48: 178-181, 2000

和田誠基  続発性骨粗鬆症の治療マニュアル 性腺機能低下症 28-33, 2000 ライフサイエンス出版

北濱眞司、和田誠基 2000 続発性骨粗鬆症の治療マニュアル 甲状腺機能亢進症 40-44, 2000 ライフサイエンス出版

和田誠基 第22回骨代謝学会印象記 メデイカル朝日12 30-31, 2000

和田誠基他 骨代謝マーカの使い方を考える メデイカル朝日11 8-17, 2000

和田誠基 糖尿病と骨粗鬆症 メデイカル朝日7 14-16, 2000

和田誠基 日常診療で甲状腺疾患を見過ごさないために(上) メデイカル朝日8 44-45, 2000

和田誠基 日常診療で甲状腺疾患を見過ごさないために(下) メデイカル朝日9 32-33, 2000

和田誠基 骨粗鬆症の治療ー内科・婦人科・整形外科の視点からー 今月の治療 8 7-23, 2000

和田誠基 骨粗鬆症の病態生理と診断 今月の治療 8 25-29, 2000

須田覚、和田誠基 内分泌代謝疾患に続発する骨粗鬆症 今月の治療 8 80-82, 2000

北濱眞司、和田誠基 カルシトニンとビタミンK 今月の治療 8 89-91, 2000

安田重光, 和田誠基, 太根伸能, 北濱眞司, 須田覚, 飯高誠, 片山茂裕 肺高血圧症を併発したGraves病の1例 医学と薬学 44巻: 261-264, 2000

須田覚, 和田誠基, 石井主税, 北濱眞司, 秋山康博, 富宇賀孝, 飯高誠, 片山茂裕 2型糖尿病モデルラット(GKラット)における持続的高血糖が骨強度へ及ぼす効果 Diabetes Frontier 11: 584-585, 2000

太根伸能, 和田誠基, 安斎博雅, 田原重志, 須田覚, 寺本明, 長村義之, 飯高誠, 片山茂裕 異所性ACTH産生前立腺癌の1例 ホルモンと臨床 48: 128-131,  2000

和田誠基, 佐村敦義, 須田覚, 北濱眞司, 安田重光, 川崎聡美, 飯高誠, 片山茂裕 ヒト破骨細胞でのカルシトニン感受性調節機構と感受性回復について Osteoporosis Japan 8: 189-191, 2000

和田誠基 副甲状腺機能亢進症  内科診断学 885 , 2000  医学書院

和田誠基 副甲状腺機能低下症  内科診断学 886, 2000  医学書院

和田誠基 多発性内分泌腺腫症  内科診断学 892-893, 2000  医学書院

 

和田誠基、片山茂裕 2001 骨塩定量 臨床検査データブック2001-2002, 558-559  医学書院

和田誠基 2000 副甲状腺機能亢進症  イラスト内分泌・代謝内科 58-59 文光堂, 2000

和田誠基 2000 副甲状腺機能低下症  イラスト内分泌・代謝内科 60-61 文光堂, 2000

和田誠基 2000 多発性内分泌腺腫症  イラスト内分泌・代謝内科  94-95  文光堂 , 2000

和田誠基 2000 異所性ホルモン産生腫瘍  イラスト内分泌・代謝内科  100-103  文光堂, 2000

和田誠基 2000 骨粗鬆症、骨軟化症  イラスト内分泌・代謝内科  188-193 文光堂 , 2000

和田誠基 2000 ポルフィリン代謝異常  イラスト内分泌・代謝内科  152-153 文光堂 , 2000

和田誠基 2000 重金属代謝異常  イラスト内分泌・代謝内科  154-157 文光堂 , 2000

和田誠基 2000 血清カルシウムの異常、その他の電解質異常  イラスト内分泌・代謝内科  170-175 文光堂 , 2000

和田誠基 骨粗鬆症とその問題点 調剤と情報 274-277 薬業時報社 1999

和田誠基 骨粗鬆症の病態 調剤と情報 416-419 薬業時報社 1999

和田誠基 骨粗鬆症の治療 調剤と情報 584-587 薬業時報社 1999

和田誠基 主な骨粗鬆症治療薬の適正使用 調剤と情報 742-745 薬業時報社 1999

和田誠基 骨粗鬆症の予防 調剤と情報 902-905 薬業時報社 1999

和田誠基 カルシトニン 最新骨粗鬆症 182-186, 1999 ライフサイエンス出版

盛田俊介, 和田誠基, 飯高誠, 片山茂裕 発作性高血圧と糖尿病を合併した家族性褐色細胞腫の1例 THE CIRCULATION FRONTIER 3: 63-67, 1999

大須賀育朗, 飯高誠, 柿沼幸子, 山中佳代, 川崎聡美, 和田誠基, 片山茂裕, 石井淳 TSAbとTSBAbの存在にて甲状腺機能が変動した2例 診療と新薬 36: 506-508 1999

栗原進, 和田誠基, 北濱眞司, 山中佳代, 今牧啓二, 横田健介, 小瀬川至, 飯高誠, 片山茂裕 視床下部不全とGraves氏病に高カルシウム血症を伴った一例 ACTH RELATED PEPTIDES 9: 233-239, 1999

和田誠基 図で見る骨代謝の調節因子とその働き 1999 Osteoporosis Japan 366-367

和田誠基 1999 骨粗鬆症の薬物選択 メデイカル朝日 71-74

和田誠基 カルシウム・骨代謝異常症と骨粗鬆症 骨粗鬆症 骨粗鬆症の薬物療法 カルシトニン,ビタミンK,イプリフラボン Medicina 35: 1081-1083, 1998

和田誠基, 片山茂裕 新術前・術後管理マニュアル-時間経過に即した患者管理の全て- 術後合併症とその管理 循環器系 高血圧 消化器外科21: 881-882, 1998

和田誠基 骨疾患の臨床薬理 カルシトニンの臨床薬理 THE BONE 12: 103-110, 1998

和田誠基, 片山茂裕 1998 副甲状腺負荷試験 日本医師会雑誌 203-204, 47

和田誠基, 片山茂裕 1998 骨塩定量検査 日本医師会雑誌 214-216, 47

和田誠基 カルシトニン受容体とシグナル伝達. カルシトニンー基礎と臨床 66-71, 1998 ライフサイエンス出版

柿沼幸子, 飯高誠, 大須賀育朗, 山中佳代, 川崎聡美, 和田誠基, 片山茂裕, 石井淳 阻害型TSH受容体抗体を認めた亜急性甲状腺炎の一例 診療と新薬 35: 558-559, 1998

川崎聡美, 飯高誠, 栗山廉二郎, 山中佳代, 大須賀育朗, 柿沼幸子, 北濱眞司, 和田誠基, 片山茂裕, 石井淳 慢性腎不全患者透析前後における遊離甲状腺ホルモン値の変動 Amerlite MAB及びVitros ECiを用いた検討 診療と新薬 35: 579-581, 1998

 

和田誠基 破骨細胞におけるカルシトニンの細胞内シグナル伝達とエスケープメカニズム 実験医学14: 1417-1421, 1996

和田誠基 破骨細胞でのカルシトニン受容体制御の分子生物学的検討 日本骨代謝学会雑誌14巻2号 Page120(1996)

和田誠基, 永田直一 内分泌症候群 骨・ミネラル代謝 腫瘍随伴性骨軟化症 日本臨床別冊領域別症候群2 64-66, 1993

片山泰之, 和田誠基, 永田直一 骨代謝マーカー研究の進歩と臨床応用 骨転移の治療と骨代謝マーカーClinical Calcium 3巻: 651-656, 1993

和田誠基, 永田直一 カルシウム代謝異常の臨床 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症 内科69 : 644-648, 1992

和田誠基 各種病態での副甲状腺ホルモン関連ペプチド(PTHrP)濃度の検討 防衛医科大学校雑誌 18: 174, 1993

村上健彦, 和田誠基, 片山泰之, 他 一過性甲状腺機能低下症を伴ったACTH単独欠損症の1例 ホルモンと臨床 40 内分泌 興味ある症例 20 : 52-54, 1992

和田誠基, 阿部茂雄, 武藤裕志 空中機動医療チーム日航機事故の教訓を踏まえて 防衛衛生 37: 423-425, 1990